未分類

停電へ心がけ。

こんにちは。わたこです!

過去最強クラスの大型台風10号がやってきますね。

記録的な被害をもたらした伊勢湾台風よりも大きく、気象庁も強い警戒を呼び掛けています。

風速は80メートル。大型トラックが軽く横転し、バイクが木の葉のように舞う強さみたいです。怖いですね、、。

私が住んでいる地域は台風の通り道ではないですが、
過去最強クラスにどでかい台風がくる、、と聞くと、なんだか胸がザワザワします。

台風と同じくらい強い、雨風をもたらすといえばゲリラ豪雨。
ゲリラ豪雨は、突然やってくるのも怖いですよね。

家の中にいれば安全ですが、小さい子供がいると怖いのが停電です。

住んでいる町が、まあまあ田舎でして。停電になると復旧が遅いのでは、、と勝手に思っています(笑)なのでゲリラ豪雨がくると、いつも停電に対して準備をいそいそと始めます。

準備をしているのは2つ。

準備①スマホの充電
当たり前っちゃ、当たり前(笑)ただ、充電を忘れると命とりですよね!
なので、どっかーんと雷が鳴った時点で必ず充電。
自分の中で、そう決めています。

準備②LEDランタンの充電
愛用しているのは、バルミューダLEDランタン。
現在0歳児がいる我が家。夜中の授乳のために購入したものですが、
明るさを全開にすれば、かなり明るいんです。なので、もしもの時にも使えるはず。

少し明るさを落として寝る前の読書にも使えるし、デザインもいいのでお気に入りです。

こやつも、どっかーんと雷が鳴った時点で必ず充電しています。

私は停電を経験したことがないのですが、小さい子供がいて停電になると、それはそれは大変みたいですね。

私の姉が、地震で停電になったときに、それはそれは大変だったそう。

姉が住んでいる地域は、地震などの災害が少ない地域なので、ほぼ災害に対して準備はしていなかったそうです。

突然の大きな地震の後、停電になってしまい、その停電は次の日の朝まで続いたそう。懐中電灯やランタンなどを全く用意していなかった家の中は、夜になると真っ暗に。

だんだんと暗くなる家の中と反して、子供たちの泣き声が、だんだん大きくなったなる、、うーん、怖い(笑)。

この話を聞いてからゲリラ豪雨や台風が来ると

スマホ&ランタンの充電をする!

と、無意識に体が動くようになりました。

自分一人だと、真っ暗でも、えいっと寝てしまえば(笑)
やり過ごせそうな停電ですが

小さい子供がいる中での停電は、一つの恐怖体験になりそうなので、、
備えあれば憂いなし。停電に対しては、スマホ充電&何だかの明かりとりの準備が必要ですね。

では、また!